かねてよりの計画を実行しました。
たまにはまじめに山行記録を。

1日目 上高地…横尾(テント泊)
2日目 横尾…涸沢…北穂高岳…大キレット…南岳…氷河公園…横尾…上高地

2日目は、コースタイムで20時間近くになるので、その日の内に帰るには、とにかく速く歩くこと!


連休明けのためか、いつもより賑わいも静かに感じられる上高地から、明神、徳沢を経て横尾へ。
明日に備えて、早々にテントで就寝します。

翌日は、真夜中の1時発。
涸沢経由で、満天の星の下、北穂高岳へ。
少々ペースが速すぎたので、後半はダラダラと時間調整で登りながらも、
山頂で30分のご来光待ち。
残念ながら、今朝は雲が多くて太陽は出てきませんでしたが、すっきり晴れました。
DSC05695
槍ヶ岳を見ながら、難所の続く大キレットへ。
基本、高い所は苦手なので、ビビりながらも、飛ばせるところは飛ばして。

DSC05713
北穂高岳を振り返ります。
どこをどう歩いてきたのやら。

DSC05718
南岳から氷河公園までは、今回が初めて歩く唯一の区間。
念願の逆さ槍も見れました。

お昼までに横尾に帰って来れればと思っていましたが、10時間以内だったので上出来です。

横尾 1:00発
涸沢ヒュッテ 2:40〜55
北穂高岳 5:00〜30(ご来光待ち)
南岳小屋 7:30
氷河公園 8:40〜55
横尾 10:50〜11:15(テント撤収)
上高地 13:15着
(休憩は何度もしていますが、ほとんど5分未満。)


DSC05706
今回、スピード重視で選択したのが、 ウルトラ ファーストパック ミッド ゴアテックス のニューカラー(GG)。
とにかく軽い、そして、蹴り出す推進力でスピードが出せる。
並みのトレッキングシューズでは、この軽快さはありません。
このシューズを履いていたからこそ、踏破できたといっても過言ではありません。
ブログの紹介では「思います」でしたが、間違いなく、高いポテンシャルを秘めてます。